自分で守るために印鑑

印鑑でデザインかセキュリティ

普段何気なく使う印鑑は作る機会が少ない為、何となく選んでいる人もいるのではないでしょうか?印鑑の書体には男性向けと女性向けとがあります。
男性は男らしいどっしりとしたイメージの書体、女性は柔らかいイメージの書体が好まれています。
実印ではデザインよりセキュリティを重視した印相体と古印体が男性に好まれています。
古印体は日本独自の印鑑の書体であり、隷書に丸みを加えたもの。
印相体は篆書体(てんしょたい)をベースにして、縁起が良く柔らかいながらも力強い書体です。また、枠が欠けにくく印影が複雑なため偽造されにくいという利点があります。
女性向けの書体は篆書体が好まれます。篆書体は中国から伝わった漢字で、紀元前200年頃に作られたと言われています。そして、日本銀行発行の紙幣の中に印刷されている印鑑は篆書体なのです。
篆書体の中には細篆書体と太枠篆書体があり、太枠篆書体は枠が太く落とした時に枠が欠ける事を防いでくれる利点があります。細篆書体は文字は細いですが枠は太いのでこちらも落とした時に枠が欠ける事を防いでくれるという利点は同じです。
次に銀行印ですが、一般的には男性も女性も古印体が多く選ばれます。防犯上の目的で複雑な印影を求めるのでしたら、篆書体か印相体は字体が複雑でパッと見ただけでは判読できません。
印相体は別名吉相体と呼ばれ縁起担ぎに銀行印にと好まれる書体です。

印鑑の疑問点をまとめてみました

印鑑は様々な場面で必要です。そんなに重要度の高くない場面であれば認印を押します。お仕事でも使う方は多いと思います。また、銀行印は金融機関で必要になります。また、非常に重要な場合には実印を使います。実印を押すときには印鑑証明書も一緒に提出しなければなりません。
では、印鑑はどこで作成できるのでしょうか。今は認印や浸透印、実印までネットから注文して作成することが出来ます。また、実印は重要な場合に押すものなので、セキュリティを高めるために少し複雑な偽造されにくいものにしましょう。
実印を作ったら、押された印鑑が間違いなく本人のものであると証明するために印鑑登録が必要になってきます。
女性の場合は結婚して性が変わることがあるため、名前だけの実印を作る人も多いそうです。15歳以上で1人につき1つ登録できます。
認印、銀行員、実印と印鑑には種類がありますが、それぞれどの書体が適しているのでしょうか。認印や浸透印には読みやすい古印体や隷書体がオススメです。実印や銀行印には読めない!と言われてしまいそうな篆書体(てんしょたい)や吉相体がよいでしょう。
太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)はデザインが重くなく、女性に人気です。
また、実印を作るのであれば水牛や柘植、チタンなどの耐久性のある高品質なものが良いでしょう。

最良の印鑑を購入する為に

印鑑は様々な場所で作る事が出来ます。街の印鑑屋さん、インターネット、店舗数も多くあります。街の印鑑屋さんは、販売する方の顔を見て購入できるので安心感がありますね。ネットはお値打ちに良い物が購入出来、納品も早い場合が多いです。
印鑑登録についてですが、実印を用意していれば市区町村役場でおよそ20分ほどで出来ます。印鑑登録が修了すると、「印鑑登録カード」が発行されます。このカードを使うと、今後身分証明が不要になり、印鑑証明交付の際スムーズです。
印鑑にあった書体についてですが、実印や銀行印共にお薦めなのが篆書体です。篆書体は一万円札やパスポートにも使われています。日本古来の由緒ある書体です。印鑑の書体の元祖と言われているので、個人や法人どちらにも人気です。実印の書体で迷ったら、篆書体にされれば間違いないと思います。
男性へのお薦めの印鑑書体は、先に挙げた篆書体、または縁起が良いとされる吉相体がお薦めです。
女性へのお薦めの印鑑書体は太枠篆書体です。篆書体としての風格は残しつつ、丸く柔らかな印象で、女性への実印や銀行印として特にお薦めです。その他行書体も女性向きです。
印鑑に使われている素材についてですが、最近のお薦めであり、人気が高いのがチタンです。チタンはもっとも耐久性に優れ、半永久的に使う事が出来ます。
欠けてしまえば、高い実印も使えなくなります。耐久性を一番に考えると、チタンがお薦めです。

何気なく使うことが多い印鑑ですが、安いものだと「印鑑証明」がとれなかったり、防犯面に不安が残ります。防犯面にもこだわって印鑑を選ぶなら印鑑市場で世界に一つだけのオリジナルな印鑑を購入されるといいでしょう。1本のみの購入でも送料が無料ですので、お得に購入することができますよ。

ピックアップ

印鑑登録の仕方

印鑑登録というものを、大昔にしました。リーマンショックが起こるちょっと前までは、生命保険に入ると、生保の担当女性が結構大盤振る舞い…

もっと読む

印鑑を使う時

実印を持っていない人は以外と多いですが、人生の転機には必要となります。まず、実印とは住民登録をしている市区町村に対して自分…

もっと読む