自分で守るために印鑑

印鑑は財産や預金を守る大事な物です

印鑑と一言で言っても様々なものがありますし、ご家庭にいくつも印鑑がある事も珍しくないと思います。大まかに分けると印鑑の種類はこの3つになります。
・実印
・銀行印
・認印
用途によって使う印鑑も異なってきます。特に実印に関しては不動産や遺産相続など印鑑証明が必要になるような重要な書類に使います。良くどの印鑑を実印にしたのか分からなくなったと言う人がいます。そうならない為にも少し値は張っても他の印鑑と区別のつくようなものにするのをオススメします。
また銀行印に関しても同様です。主に口座開設やお金の引き落とし等、銀行に関する時に使います。注意すべき点は、銀行印と口座情報があればお金の引き出しが可能だと言う事です自分の預金を守る為にも、複雑な字体になっているような物を選ぶのをおすすめします。また印鑑が欠けていたり、破損しないよう丈夫な素材の物を選びましょう。
認印に関しては日常的に使うものではありますが、認印とは言えど安易に押印するは絶対にやめましょう。日常的に使うからと言って百円ショップや、文房具店で購入するのはオススメ出来ません。用途別に使い分ける必要のある印鑑ですので、自分自身で管理がしやすいよう用途に適した印鑑選を心掛けましょう。

ピックアップ

印鑑登録の仕方

印鑑登録というものを、大昔にしました。リーマンショックが起こるちょっと前までは、生命保険に入ると、生保の担当女性が結構大盤振る舞い…

もっと読む

印鑑を使う時

実印を持っていない人は以外と多いですが、人生の転機には必要となります。まず、実印とは住民登録をしている市区町村に対して自分…

もっと読む