自分で守るために印鑑

印鑑登録の仕方

印鑑登録というものを、大昔にしました。リーマンショックが起こるちょっと前までは、生命保険に入ると、生保の担当女性が結構大盤振る舞いしてくれていた気がします。
私には加入とどうじに、印鑑登録に使えるような立派な丸版の印鑑をプレゼントしてくれました。そのときは、こんなものもらってもなあと思ったのですが、後に車買う時、印鑑登録しないといけないことを知り、ラッキーと思ったことを記憶しています。でも印鑑登録する印鑑は、いわゆる実印と呼ばれるものですが、そんなに簡単にしちゃだめなんですかねえ。一般的には。縁起物ですごく高い印鑑とかありますよねえ。ああいったものを使うべきなんでしょうか。ひょっとして自分の人生が開運という言葉と全く縁がないのはそのためですかえねえ。
その辺に詳しい方にぜひ教えてほしいものです。さて今後、この実印を使う場合は、どんな時でしょうか。家を買うとか、それぐらいでしょうかねえ。だいぶ先のことになりそうですが。ちょっと調べたら、実印と銀行印は分けるべきというようなことが書いてありました。実印は男性は縦書き、女性は横書き。銀行印はどちらも横書きとか。なんでもサインとかインターネットで買える時代にそんなもの必要なんでしょうか。なんか不思議ですね。

ピックアップ

印鑑登録の仕方

印鑑登録というものを、大昔にしました。リーマンショックが起こるちょっと前までは、生命保険に入ると、生保の担当女性が結構大盤振る舞い…

もっと読む

印鑑を使う時

実印を持っていない人は以外と多いですが、人生の転機には必要となります。まず、実印とは住民登録をしている市区町村に対して自分…

もっと読む